【カフェラテ・ソイラテうまし!!】焙煎して日がたったコーヒー豆の有効活用

ソイラテさむね

コーヒー修行僧おりんパパです。

【実践編】自分で挽いた豆でコーヒーを淹れた感想について

カルディで購入した焙煎済のコーヒー豆は、1ヶ月半経つと風味が落ちたり酸っぱくなっているのか、購入したてより美味しくなくなっている気がします。

[広告]

焙煎済のコーヒー豆は時間が経つと苦くなる

時間が経った焙煎済のコーヒー豆を美味しく頂く方法検討したので紹介します。
(結論を急ぐ方はこちらをクリック)


カルディで2種類の豆を購入しました。

一つはこちら「マイルドカルディ」。カルディで人気の癖がなく万人受けしそうな味わいの豆です。

やぎべえ

もう一つはこちら、「イタリアーノ」確か、苦めと書いていたはず。

イタリアーノ

元々苦めな上に、時間がたってさらに渋いというか苦くなっていました。そこで、勉強した座学をもとにアレンジをしてみました。

書籍『”ツウ”になる! コーヒーの教本』レビュー

上のリンク記事で触れているのですが、インスタントコーヒーの原料になる大量生産に向いているロブスタ種はもともと苦いです。

カフェオレやカフェラテとしてミルクや砂糖をたっぷり入れる前提なので、苦くてもいいってことです。


ということで、豆乳をたっぷり使ったソイラテに挑戦してみました!

苦くなった豆で作る、簡単で美味しいソイラテ

手順はこちらです。

苦い豆を挽いて、ハンドドリップで淹れる

ハンドドリップについてはこちらのリンク記事を参照ください

【実践編】自分で挽いた豆でコーヒーを淹れた感想について

豆乳を準備

100ml をマグカップに入れて、レンジで温めておきます。(熱々のソイラテにしたいのでね)ぬるめが好みなら、この工程は飛ばします。

ちなみに、おりんや御用達の豆乳達

マルサン豆乳
豆乳の使い分け

プレーン(緑)の方はすっきりとした後味に。
麦芽コーヒー(茶)の方はより甘くしたい時に

コーヒーと豆乳を混ぜる

豆乳を温めたマグカップにコーヒーを注ぎます。

コーヒーも100mlがお薦め(豆乳:コーヒー=1:1)

そしてスブーンやマドラーでやさしくかき混ぜます。

これだけ!

豆乳温めて入れるだけっすね。ノウハウもクソもないw

コーヒー自体が深い味わいになっているので、中和されてすごくいい感じになりましたよ!


自分で焙煎できれば苦くなることはない

わが家では焙煎したコーヒー豆を2週間で消費するのは難しく、自分で焙煎するようにしています。

下のリンク記事で紹介していますので、よかったら見て下さい。

【手動焙煎】『煎り上手』でコーヒーの生豆を煎ってみました

手動(手鍋)でコーヒー焙煎!煎り上手を使いこなそう


最後まで見ていただき、ありがとうございました。